人と色には密接な関係があるのです

春になるといっせいに咲き誇る桜、
植物の生命力が力強いきらめきを放つ緑、
燃えさかる炎のように激しく鮮やかな紅葉、
吸い込まれるような深みを湛えた白銀の世界。


私たちの周りには無数の色が存在し、
日常生活の中で、私たちは色を自然に取り入れています。
例えばスーパーできれいに並べられた野菜を目の前にして
「今日はトマトが食べたい」
「グリーンサラダで野菜をたくさん摂ろう」
と考えるのは、味や匂いではなく色に反応しているのです。
元気になりたい時は、赤いトマトやオレンジのにんじん、
バランスをとりたければ、グリーンの野菜を求めるなど
色に刺激されて栄養バランスをとろうとします。
つまり、色に体が反応するのです。
ふと目がいくのはその人が欲している色か
好きな色のどちらかということです。
人と色には密接な関係があるのです。